VIVIDUS

人生活発に。

MENU

日焼け防止対策をまとめてみる|夏本番

f:id:vividus:20170407133720j:plain

日焼け。女性は長期的に見て肌のシミにも繋がったりするので避けたい人が多いだろう。日焼け防止対策にも様々種類がある。帽子や手袋、マスクやサプリまで。今回は日焼け帽子対策についてまとめてみた。自分に合うものから始めてみよう。

日焼けとは?

日焼けは、太陽の光の中でも「紫外線」によって起こる。紫外線も細かく「UVA」「UVB」「UVC」に分別され、肌に影響があるのは「UVA」「UVB」であると言われている。日頃僕たちの言う「UVカット」というのはこの2つの光、特に多いUVAを遮断している状態だ。

日焼けの何が怖いかというと何と言っても「光老化」だ。有名なものに、トラックドライバーが28年間片側だけ太陽の光を浴びた結果、浴びた側だけが肌の老化が進んだというものがある。有名なので「光老化 トラック運転手」などで調べたら出てくるかと思うので興味のある人はみてみて欲しい。

日焼け防止対策の種類

日焼け防止と一言に行っても対策の種類は様々ある。ひとつひとつ紹介して行こうと思う。

日焼け防止の帽子

太陽の光が一番当たるのは頭部、そして顔だ。帽子によってそれらを遮断していくのが目的。

帽子を選ぶときのポイントは「完全遮光かどうか」というところ。また、照り返しのことまで考えると「ツバがあってツバが黒い(光を吸収するから)もの」が良い。

あとは好みに応じたデザインがあるかどうか。やはり日焼け防止のためとは言え、「美しくない」ものは誰もが着用したくないものだ。ゆっくり、じっくり色々と検討してみよう。

日焼け防止の手袋

日焼け防止のためとなると、「色」と「素材」に気を配ることが大切だ。色は白よりも黒に近ければ近いほど光を吸収してくれるので日焼け防止の効果は高くなる。

また、素材も厚手の方が良い。もちろん夏は暑いのでそことの兼ね合いも必要にはなるが、しっかりと防止したいという人はどちらかを犠牲にする必要はあるだろう。

ただ、最近ではひんやりと感じる「接触冷感素材」や、汗の発散等が出来るよう裏面や全面が「メッシュ素材」になったものがある。それらの手袋を選ぶことで軽減が出来るかもしれない。

f:id:vividus:20170407133550j:plain

女の欲望 COOL&UVアームカバー

日焼け防止のマスク

顔から首元にかけて焼きたく無いという人のためのUVカットマスク。ポイントは「軽さ」「マスクタイプかフェイスカバータイプか」というところ。

あとは、マスクは蒸れることも考えられるので、どれくらいの通気性があるのかも見たいところ。首元焼きたくないという人にはぴったりなアイテムだろう。

f:id:vividus:20170407133602j:plain

KICKS(キックス)UVカットマスク

日焼け止めクリーム

もはや日焼け防止対策と言えばこれというくらいのアイテム。しかし実は日焼け止めクリームを意味あるものにするには正しく使用していく必要がある。

f:id:vividus:20170407133613j:plain

資生堂アネッサ|パーフェクトUVサンスクリーン

どういうことかというと、国際SPF試験法というものが日焼け止めの製品を作る際には基準となるのだが、この基準によれば皮膚1㎠につき2mgの日焼け止めクリームを3時間置きに塗る必要があるというもの。

顔全体の面積は個人差があるが300㎠〜450㎠。その面積に対し2mgずつ塗り、それを3時間置きにとなると、例えば『ANESSA』なんかは10日で使い切る計算となる。

正しい用法・用量で使える人には良い対策となるのでおすすめしたいが、もし無理という方がいたらおすすめしない。次の飲むサプリなんかがオススメだ。

日焼け防止サプリ

最近徐々にメジャーになってきているのがこちらの日焼け防止サプリ。日焼けを防止するための成分がしっかりと凝縮されているのがポイント。

選ぶポイントとしては「飲みやすさ」「ニュートロックスサン」という日焼け防止の成分がしっかり入っているかなどがある。それらをしっかりと確認し、自分好みのサプリを選んでみよう。こちらの方が理論上「確実に」「継続的に」日焼けを防止することが出来る。

f:id:vividus:20170407133623j:plain

WHITE VELL

夏本番。しっかりと日焼け防止対策を

夏本番にさしかかってくる。徐々に日差しも強くなってきて、日焼け防止の対策が大切になってくる時期だ。 おすすめの順番は「飲むサプリ」→「帽子」→「アームカバー」→「クリーム」の順番。もちろん自分のライフスタイルに合うということが一番大切なので、色々吟味して決めて欲しいと思う。 飲むサプリについては別記事に詳しく書いてあるので気になった人は参考にして見て欲しい。

 

vividus.hatenablog.jp