VIVIDUS

人生活発に。

MENU

なんでもいいから痩せたい人の3ステップ

f:id:vividus:20170619181342j:plain

なんでもいいからとにかく痩せたいと思う人はたくさんいると思う。そういった人はこの3ステップをまずは実行してみてほしい。

「痩せる」ために必要なことは

痩せるのに必要なことは非常にシンプルだ。日々取り入れているエネルギー(摂取エネルギー)と日々使っているエネルギー(消費エネルギー)のバランスを整えていけば良い。

摂取よりも消費が多ければそれで「痩せる」状態となる。つまりシンプルには「摂取を減らす」か「消費を増やす」なのだ。

なんでもいいから痩せたい人の3step

step.1 朝食を抜いてみる

1日3食だった人は朝食を抜いてみよう。意外と快適になる人もいる。逆にお昼までに食べないことでフラフラする人がいるかもしれないが、「痩せるため」なのだからいたしかたが無いだろう。3日もすればなれると思う。

step2.昼食も抜いてみる

これで1日1食となる。朝と昼を抜いて夜だけ食べてみよう。糖質の不足により、夕方あたりに頭痛がしてきたり、フラフラとしてくるかもしれない。だがそれも「痩せるため」なのだから気にしていられないだろう。できるだけ摂取を抑える方が大切なのだ。

step3.その中で更に定期的に断食してみる

step2に慣れてきたら、その中でも更に定期的に断食をしてみよう。期間は2~3日ほど。回復期間も1日1食。これでしっかりと痩せるだろう。

これは実際に見たこと

以上、なんでもいいから痩せたい人の3ステップを紹介してきた。どうだろうか、これをすれば誰でも痩せられそうな気はしないだろうか。

実際僕の周りでstep3にまで行こうとして断念した人がいた。その人はすでにその時に155cmほどの身長に38kgという低体重だったにもかかわらず「なんでもいいから痩せたい」と言っていた。

とてもじゃないけど「なんでもいいから痩せたい」と、食事をただただ抜くのはおすすめできない。「なんでもいいから痩せたい」と焦っている人はもう一度考えてほしい。痩せることで誰を喜ばせたいのか?誰と比べているのか?痩せること以外に自分を輝かせることはないのか?

健康を捨ててまで痩せる理由が僕には分からなかったけど、その女性に言っても何も変わらなかった。その女性は、今何をしているのだろう。

なんでもいいから(健康的に)痩せたい人の3ステップ

ここからは仕切り直しに健康的に痩せるための3ステップを紹介しようと思う。

しっかり食べる

食べるの?と思うかもしれないが食べてほしい。といってもがむしゃらに食べるのではない。

  • タンパク質
  •   
  • ミネラル

これらをしっかりと摂取しよう。タンパク質は筋肉だけじゃなく、肌や髪など、僕たちの身体のありとあらゆるものを形つくっている。しっかり摂りたいところだ。

具体的にはお肉や魚に多く含まれる。何にどれくらいか、とかは「タンパク質」でgoogle検索をしてみてほしい。

 

タンパク質含有量の多い食べ物一覧!安いのは?コンビニで買える?ダイエットにはどれが良い?

こちらにタンパク質の多い食べ物やコンビニで買えるものなどがまとめられて記載されていた。ぱっと見たい、知りたい人はこちら。

 

たんぱく質(プロテイン)の多い食品と、食品のたんぱく質の含有量一覧表

一覧で見たい人にはこれがオススメだ。

 

ミネラルに関してはしっかりと「塩」を摂取することをおすすめする。日本人は塩を悪者扱いする嫌いがあるが、塩はとても良いものだ(もちろん過剰摂取はダメ)。

食塩ではなく天然塩を「美味しい」と感じるくらいの容量で摂取。試しに舐めてみて「しょっぱっっっ!」とならなければまだまだ足りない。しっかりと摂取してミネラルを摂取していこう。

このミネラルは体の代謝という反応を大きくする役割がある。エネルギー変換やたんぱく質の変換など、代謝は大切な反応。それをしっかりとしたものにしていくためにも、ミネラルは摂取していきたい。

少しでも良いから歩いてみる

一番手軽な運動は「歩く」こと。食事がきちんとしていれば歩くだけでも十分に効果はある。

目安としては20分くらいだろうか。少し早歩きで歩くとじんわりと汗もかいてちょうど良い運動になる。歩く前にスクワットなどの筋トレが出来たら尚良いだろう。

しっかりと寝る

睡眠不足は間接的に「太る」ことに影響する。睡眠不足で脳が「糖不足」と感じて甘いものを欲するようになる。それが太る原因にも。

できる限りしっかりとした睡眠を心がけよう。量が取れないのであれば質を。それだけでも違うはずだ。

それでもダメな時はプロに管理してもらう

なかなか自分で自分を管理するのは難しいという人は多いと思う。そんな時に助けになってくれるのがパーソナルトレーナーというプロだ。パーソナルトレーナーは運動や食事のプログラムを組んでくれ、日頃はコミュニケーションを取りながらしっかりと管理してくれる。

どうしても管理が難しい!という人にはおすすめのサービスだ。ライザップばかりが目立つが、パーソナルトレーニングは色々なところで受けることができる。中には「都度払い」なんかもあるので、利用する目的に応じて使い分けたいところ。

特に東京にはたくさんあるので、しっかりと情報を見て、気になるようであれば体験に行って見てほしい。プロの視点からの意見にはきっと納得するはずだ。

 

vividus.hatenablog.jp

 

なんでもいいから痩せたいと言って無理はしない

特にやりがちなのが「とにかく食べない」ということ。それでは本当の意味で痩せたとは言えないだろう。健康的に痩せる。それが魅力を引き出してくれる。そういったことから、まずは自分で出来ることは全部やってみよう。ただ、「しっかり食べ」「よく動く」という原則をお忘れなく。残念ながら「楽して痩せる」のは何十年も先なのだから(いくら文明が発達してもそれは叶わないのかも)。