VIVIDUS

人生活発に。

MENU

使いやすいメンズ財布を11個集めてみた

f:id:vividus:20170707181156j:plain

使いやすい財布は支払いをスマートにしてくれる。毎日使うものだけに使いやすさというのはとても大切だ。今回は使いやすいメンズの財布をいくつか集めてみた。それぞれ目的に応じて財布を紹介したいと思うので、ぴったりな目的があれば飛ばしてみて欲しい。

"使いやすい"の定義をどうするか

「使いやすい」という定義をどうするかということだが、ここでは以下のように設定させて頂く。

  • 出来るだけお金やカードへのアクセスを少なく
  •   
  • オンでもオフでも使用可能

僕は極端な面倒くさがりだ。財布やバッグ・リュックなどは「出来るだけ目的のアイテムにワンアクセス出来るものが良い。そういった視点から今回のアイテムも選んだつもりだ。なお、「容量」に関しては人それぞれだと思うので、ざっくりと「長財布タイプ」「二つ折りタイプ」と分けて紹介出来たらと思う。

長財布タイプの使いやすいメンズ財布4選

最初に長財布タイプの使いやすい財布を紹介したいと思う。

ブランドに拘らずコスパを重視するなら

1万円を切るというコスパの良さで定評があるのがラファエロの財布。Amazonでも300件近いレビューがあるなか星が4.5個と高評価だ。 ラウンドファスナーの良さは「カードとお札にアクセスが速い」ということだ。そしてその容量の大きさ。カードだと18枚入り、お札もかなり入る。しっかりとした収納量が欲しい、カードとお札へのアクセスを速くしたいという人にはかなりおすすめできる。 Made in Japanのブランドにこだわるという人は、最近メンズファッション誌にも度々取り上げられるアニアリが価格もそんなに高くないのでおすすめだ。

ポーター/L字ファスナー

L字ファスナーの中でも「小銭入れのファスナーが無い」は非常におすすめ出来る。このタイプはすべてのアイテムへのアクセスが格段によくなるからだ。また、スペースがたくさんあるのでレシートもそのまま入れておける。まさしく「使いやすい」財布だろう。日本のブランドという点も安心出来る。

大容量でワンアクセスが良い人は

お札を分けて収納したり、レシートを分けて収納したりするという人、カード類が結構な数収納する必要があるという人におすすめなのがこちらの財布。 小銭入れにファスナーが付いているが、その形状上「閉めなくても大丈夫」なのが嬉しい。財布の名称通り「コロコロ」と転がすように開けると、一瞬ですべてのアイテムにアクセスすることが出来る。 僕は今使っている財布の前にこのコロコロを愛用していた。非常に使いやすかったので今回紹介させてもらおうと思う。 ちなみにフェリージはナイロンのアイテムが有名。軽くて機能的なバッグが欲しい人はフェリージのナイロンバッグを手に取ってみて欲しい。

二つ折りタイプの使いやすいメンズ財布3選

次に二つ折りタイプの使いやすい財布を紹介する。

薄い財布はやはり使いやすい

ミニマリスト」という言葉が流行った時にこの財布も流行った。僕はミニマリストではないのだがこの財布を今使用している。普段現金を持ち歩かないし、ポイントカード類もアプリに全て移行したのでこの財布で十分だからだ。

持ち物が少ないというのは本当に心地が良い。これだけ財布がシンプルだと強制的に持つ量を調整しなければならないので、アクセスに迷いもなくなる。大きさも非常に小さいので特に男性はジャケットやジーンズのポケットにすっぽり入る。

「小銭をあまりもちたくないし、支払いはカードや電子マネーが多い」という人には本当にオススメできる財布だ。

逆に、「現金での支払いが多い」という人には向かない財布かもしれない。小銭へのアクセスは正直長財布より劣るからだ。自分の目的に合わせてここは検討してみて欲しい。

小銭へのアクセスの悪さを解消してくれる東京ブランド

僕は初めて新丸ビルの実店舗でこの財布に出会った。「面白い革がある」というのがsotの印象。職人が手で押しつぶしながら整えた革の財布が実に印象的だったのだ。

▲ちなみにこれがその財布。大変失礼だが最初「中古」かと思った。最初はこうだが使い込むと逆にツルツルになっていくらしい。

この二つ折りの財布の良いところは、二つ折りのデメリットである「小銭の取り出しづらさ」という問題をクリアしてくれていることだ。

カードを入れてもそこまでかさばらないので、「二つ折りの小銭問題」に苦しむ人がいたらこの財布をオススメしたい。

財布を開かずに小銭を取り出したい

f:id:vividus:20170707180927p:plain

TOMORROW LAND online store

トゥモローランドのメンズラインの財布。収納力はそこまでだが非常にスマートな佇まいだ。ポイントとしては財布を開かずに小銭を取り出すことが出来ること。ちょっとした買い物の時は重宝しそう。ただ最初に言ったように収納力はそこまであるわけではないので、しっかりと選別して収納しよう。

TOMORROW LAND online store

更に小さく持ちたい人へ小さい使いやすい財布4選

更に小さく持ちたい人はマネークリップやスモールウォレットが良いだろう。

小さい財布

名前の通り「小さい財布」だ。サイズは一般的なカードサイズとなっている。このサイズに小銭とお札も入るようになっている。これの良いところは、このサイズの財布なのに「お札を折らない」というところ。

このサイズのスモールウォレットは大体が「お札を折って収納する」ようになっている。もちろん気にならない人は良いのだがそれが気になるという人はかなり高評価出来るポイントだろう。

L字のコンパクトウォレット

こちらは一般的なL字ファスナーのコンパクトウォレット。お札を折って収納することになるが、お札、小銭、カードに一度にアクセスできる。サイズもかなり小さいのでポケットに収納することが可能。こちらも特に現金を持ち歩かなかったり、カードでの支払いが多い人にはオススメしたい。

世界一有名なマネークリップ

マネークリップといえばこれというくらい有名なのがこちらのマネークリップ。小銭を持たないことが前提になるが、ポケットから出してそのままカードやお札を取り出すことが出来る。アクセスの良さは抜群。そしてお値段も良心的なのが嬉しい。

ちなみにこのストラス、レザータイプのマネークリップもありこちらも人気のようなのでチェックしてみては。