VIVIDUS

人生活発に。

MENU

運動初心者がパーソナルトレーニングを利用するときに気をつけたいこと

f:id:vividus:20170810090333j:plain

パーソナルトレーニングは今誰でも気軽に利用出来るような身近なサービスとなり、周りの人も多く利用しているのではないだろうか。そんな中「私も・・・」と思っている人も多いかと思うのだが、ちょっと待ったと言いたい。

僕の周りで、運動初心者の人がパーソナルトレーニングに行ってケガをして帰ってきた、なんていう例もあった。そうならないためにも、これから利用する人のために注意点を書いていきたいと思う。

パーソナルトレーニングを利用する目的がはっきりしているかを確認しよう

大前提として、目的がないのに「なんとなく」で利用するのは止めた方が良い。それはもちろんあなたのためでもあるが、トレーナーさんに失礼だからだ。

ダイエットなのかボディメイクなのか健康維持なのか、はたまたコンディショニングなのか。みんなが利用しているしなんだかインスタ映えしそうだからといった理由なのであれば止めておこう。

ダイエット目的だとしても「必ず痩せる」というものではない

これも勘違いしてしまう人が多いのだが、パーソナルトレーニングに行けば絶対に痩せるというのは間違いだ。

パーソナルトレーニングというのは、引き締まった体になるための「運動」「食事」の指導を受けられるところ。それを自分のモノにして生活で「継続させる」ことに本当の意味がある。

パーソナルトレーニングに行っている間だけ痩せてましたというのは、英会話教室に行っていた時は英語を話せたけど今はさっぱりよ、と言っている人と何も変わらない。そうならないためにも、もし行くのであれば「学びに行く」という気持ちを持ちたいものだ。

パーソナルトレーニングには必ず体験に行くこと。

これも大切なことだが、いきなり契約しに行くのではなくて、必ず体験を行ってみよう。そこで「ここなら大丈夫!」となるかどうか確かめよう。

いきなり重い重さを行わせるトレーナーには要注意

たまにいるのが「重いものを持てば持つほど良い」と思っているトレーナー。こういうトレーナーがいるジムの場合は「要注意」と思って良い。僕だったら契約しない。

特に運動初心者の場合大切なのは、体の動かし方だ。どこに意識をおけば上手な人と同じ「形」の運動になるのか。逆にどういう風にしてしまうと「ケガにつながる形」になるのか。そういったことを徹底的にやらなくてはならない。

運動初心者におすすめなのはフィットネスクラブや都度払いのパーソナルトレーニングジム

もし周りがそういうパーソナルトレーニングジムばかりだったら、おすすめは「フィットネスクラブ」もしくは「都度払いのパーソナルトレーニングジム」に行くということ。ここのメリットはフィットネスクラブであれば月額費さえ払えば何度でもいけること、都度払いのジムは都合や体の状態に合わせて通うことが出来ることだ。費用も2ヶ月パックのところよりもかなり安価で済む。

フィットネスクラブの活用法

運動初心者の人へのおすすめがパーソナルトレーニングに行く前にフィットネスクラブを活用すること。どうするのか、その方法を教えたいと思う。

施設内を巡回しているジムのスタッフ(パーソナルトレーナーではない人が普段は巡回している)に運動の方法を聞くのだ。ジムのスタッフも基本的な研修は受けているので教えることが出来る。よりベテランの人を捕まえることができたらGOOD。

もちろんジムのスタッフはパーソナルトレーナーではないので費用は施設利用料のみだ。これで週に2,3回行けばかなり早いスピードで基本的な体の使い方やマシーンの使い方を覚えることが出来る。大きな鏡がある店舗も多いので、スタッフを捕まえて色々なトレーニングの方法、間違いの指摘などをしてもらおう。

そうしてまずは「運動の習慣作り」→「運動の形、意識作り」→やっとここで「目的のための強い負荷の運動」という流れを作る。この流れを崩してしまうと、負荷を高くする途中でどこかが痛くなって止めざるを得なくなる。ライザップなどの2ヶ月パックに通っていたとして最初の方にこういう事態になってしまっては悲しすぎるだろう。

都度払いのジムの活用法

または都度払いで通えるパーソナルトレーニングを利用するのも良い。都度払いなのであれば、自分のペースに合わせて通うことが出来るし、例えば最初の1ヶ月は週1回で体の使い方だけを教えてもらい、次の1ヶ月から本格的な運動に入る、なんていうことも。ただこの最初の1ヶ月では徹底的に食事については教えてもらい実践をしてみよう。

本格的な運動になって来たら週に2回に増やしても良いし、うまく食事がはまって減量ができているのであれば週1回のペースを崩さず通う。2ヶ月パックのところが平均して2ヶ月で20万前後なのに対して都度払いは1回6000円〜10,000円のところが多いので2ヶ月で48,000円〜80,000円(週1回通った場合)とかなり安く済む。

もちろん週に2回にしたら値段も倍になるがそれでも96,000円〜で通える。かなり安いのが分かるだろう。

都内に住んでいる人であれば近くのフィットネスクラブや都度払いのパーソナルトレーニングジムを検索してみては。アクセスの良い都心のものにはなってしまうがこのサイトでも都度払いのジムは案内しているので参考にしてみてほしい。

 

vividus.hatenablog.jp

 

自分の中の「なぜ?」が解決する場所へ行こう

ダイエットを進めていくにあたり、いろいろ「なぜ?」が出てくると思う。

  • なぜこれを食べるのか?食べないのか?
  •   
  • この運動ではなぜ手はこの位置なのか?
  • なぜ私にこの運動が必要なのか?

などなど。そういったことが「なるほど!」に変わるトレーナーさんを選んで行こう。これは体験に行くことでも分かるし、そのトレーナーさんがブログなどをやっているようだったら記事の濃さを見れば分かるだろう。

トレーナー=全員マッチョではない

よく言われていることとして「トレーナーが説得力のある身体かどうか」という基準。

これは経験上、こればかりに頼るのは危ないと感じている。というのも、自分がトレーニングをするのと他人にトレーニングをさせるのは全く違うものだからだ。

ここで大切になるのは「自分でしているトレーニングの"感覚的なものを言語化"出来るかどうか」だ。

同じことを教えるにも、そのための言葉というのはたくさんある。

例えばスクワットを教える際にも

  • 膝を曲げるのか
  • 腰を下ろすのか
  • 座るようにするのか

全部同じようだが違う。言葉から受ける印象というのは十人十色なのだ。だからこそ、いかに相手の立場に立った言葉を選ぶかは大切な要素となる。それが出来るトレーナーが良いトレーナーだと僕は思っている。

これを確かめる方法としては、体験などに行った時に色々聞きまくること。この時に

  • 「分かりやすい!」とあなたが感じたかどうか
  • 色々な言い回しや例え話を使って説明しているかどうか

これらが大切な見極めポイント。どちらも「自分の中に落とし込まれていなければ出来ないこと」だからだ。体験に行った時に参考にしてみて欲しい。(こちら側の質問をまとめておくと良いだろう)

気軽にいけるからこそ慎重に

ひと昔前までは、トレーナーというのはスポーツ選手につくものであったが、フィットネスクラブの普及などにより一般の人たちもトレーナーをつけてトレーニングが出来るようになってきた。

誰でも利用出来るからこそしっかりと選んでいきたい。

  • 目的に合わせてジムを選ぶ
  • 必ず体験に行くこと。納得いくまでいくこと
  • 初心者はフィットネスクラブか都度払いのパーソナルジムへ
  • 自分の「なぜ」が解決する場所へいくこと

多くの人にとって良いサービスが見つかることを願っている。

 

vividus.hatenablog.jp