VIVIDUS

人生活発に。

MENU

魅惑のスタバ店内音楽/BGMを紹介する。2017年編【随時更新】

f:id:vividus:20170120165937j:plain

僕はスタバが好きだ。自宅近くのスタバは通常のスタバとは異なり、コンセプトスタバとして、「お酒が飲めたり」「お店で直接スコーンを焼いたり」している所。席も広々としていて優雅な時間を過ごすことが出来る。読書をしたり考え事をするにはもってこいな「サードプレイス」だ。僕はここで週末の振り返りをし、エネルギーを充電してパーソナルトレーニングへと向かっている。この自分を整えていく時間が大好きだ。

www.starbucks.co.jp

そんなスタバでふと聞こえてきたBGMが素敵だった。iPhoneのアプリで地道に調べてみたので、それらをまとめていきたいと思う。

The Head and the Heart – Take A Walk

ゆっくりと読書をしていた時に流れてきた曲。最初の「Take a walk~」から僕は引き込まれてしまった。シアトルのフォークロックバンド「The Head and the Heart」の1曲。

こんな心地の良い音楽があるのかと、していた読書を止めて聞き入ったのが記憶に新しい。

The Head and the Heart - Rhythm and Blues

The Head and the Heartからもう一曲。僕はすっかりスタバに行ってこのグループに魅了されてしまった。この人たちの曲を聴いていると、無性にジャック・ケルアックの『オン・ザ・ロード』が読みたくなった。そんな気分にさせてくれるグループ。

City and Colour - Lover Come Back

City and ColourはDallas Greenというシンガーソングライター率いるアメリカのグループ。僕は基本的にメロディーや曲調で好きかどうかを決めてしまうので(英語があまり堪能じゃないこともあって)歌詞の内容は最初度外視している。ただなんとなくメロディーが心地よい、そんな感じがして思わず調べた曲だった。

Maddie and Tae - No Place Like You

Maddie and Taeは女性二人のボーカルからなるグループ。2017年現在アメリカツアーを行なっている。すごくポップでキャッチーで聴いているこちらの気分も上向きになってくる。

Rudimental Feat Ed Sheeran - Lay It All On Me

Ed Sheeranは91年の25歳で(2017年1月現在)勢いのあるイギリス出身のシンガーソングライターだ。全米チャートも賑わせている。そんなエド・シーランとのフューチャリングの曲がこちら。ミッドテンポで進む一曲は思わず踊りたくなってくる。

RAC - Can't Forget You ft. Chelsea Lankes

ポルトガル出身の人気プロデューサーであるAndre Allen Anjos によるプロジェクト「RAC」からCan't Forget You。スタバは本当に幅が広いジャンルを選んでくる。

John Anderson - -Song The Mountain Sings

珍しい曲調の曲だなと思って気になった曲。けど、聴けば聴くほど味が出てくる曲。夕焼けのサバンナというか、そんな風景が目をつぶれば目の前に浮かぶようなメロディー。

スタバの音楽のジャンルの豊かさにも驚くばかりだ。

Belle and Sebastian - Another Sunny Day

最初聴いた時なぜかアップルのCMっぽいなと思った爽快なメロディーの1曲。スコットランド出身のグループのBelle and Sebastianは日本の「フジロック」にも出演経験のある有名バンド。

晴れた日の昼下がりにぴったりなこの曲。スタバだけで聴くのがもったいないと早速ダウンロードし、お散歩のお供にしている。

Dear Music, -Bart crow

カントリー調が非常に心地の良い1曲。僕はこの曲でこのアーティストを初めて知った。朝から聴いているとなんだかハッピーな気分になってくる。

Hole in My Heart/Gavin James

こちらも聞いていて心地の良い1曲。

スタバはコーヒー以外も楽しい

以上、スタバで流れているクリスマスソングを紹介してきた。スタバの音楽は本当に心地が良い。コーヒー以外にも、是非耳を傾けて見て欲しい。きっと新しい発見が「サードプレイス」ではあるはずだ。